プロフィール

いえっさ

Author:いえっさ
あーようこそようこそ!
よくこんなところまでお越し下さいました。
ただの日記や感想文ですが、よければ見てってください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦艦ナデシコ

やっと観ました。
前半はギャグ系ラブコメキャラ萌え用のなんちゃってSFでだと思ってたけど、後半は化けたね。
そこそこシリアス展開もあって物語が深くなったし、底抜けの明るい雰囲気も損なわれず良い味になってた。
ゲキガンガーは最初、引っ張りすぎの架空アニメだと思ってたけど、寧ろ一貫してメインテーマだったし、最終的に正義VS悪の構図を否定する道具になってたからあり。
SF的にも、超能力的で不自然なパワーがなかったのは良かった。ボソンジャンプはまあ許容範囲。
なかなか良作だと思って劇場版も見たんだけど、あれどうだろうね。
違う作品かと思った。やっぱナデシコにはムードメーカーのユリカがいないとだめだな。雰囲気が暗い暗い。特にアキト、あれはもう別人。
まあ作品的には楽しめたけど、TV版とのギャップに違和感を感じたなあ。
剣心の星霜編ほどじゃないけどね。
星霜編は本当何を意図して作られたのかわからない。
そもそも監督はろくに原作読んでないんじゃないのかな?薫が敬語だったりするし。原作の最終話は剣心らしく明るく終わったのに、すべてぶち壊し。
つまり今回のまとめは、鬱展開も悪くないけど作品の本質を考えてくれということ。
やっぱナデシコはバカばっかじゃないと盛り上がらないでしょ。
続編というのは難しいね!
スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : アニメ・コミック

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。